貴金属ならなんでも売れるって知ってた??

ジュエリーはもちろん貴金属であればなんでも売れるのです!

貴金属ならなんでも売れるって知ってた??

今日本の貴金属や宝石がどんどん買い取られています

今の日本のタンスに眠っていた宝石や貴金属を買い取る、宝石買取サイトが繁盛しています。それに貴金属店でも、壊れていても貴金属ならなんでも売れるところが増えています。当然貴金属は地金に戻せば何の問題も無いのですが、最近は貴金属もそうですが宝石を買い取るサイトや宝石店がかなりあります。昔はただ売るだけだったのになぜかといいますと、その宝石を輸出して現地で加工してまた商品として売るのです。日本は二十数年前にバブルで、かなりの宝石、特にダイヤやルビーを世界から買いあさりました。しかし買値と売値は全然違うので、最近までは売ってもそんなにお金になりませんでした。しかし新興国が経済的に力を付けて来ると、その後はおしゃれに走ります、バブルのころの日本のように。日本の業者が買い取ったダイヤやルビーはそういう新興国に渡っているのです。

買取価格も一昔前までより高く買い取りますので、日本の女性も使わない宝石より現金がいいという事で、かなり宝石が買い取られています。しかし買い取った宝石を輸出するだけでは、今は売れません。カットの仕方が今と昔とでは全然誓うのです。難しいカットだと値段が同じ宝石でも全然価格が違うので、現地の安い労働力でカットさせるのです。

日本にも沢山そういう技術を持っている方はいますが、賃金の問題で輸出し、そこで最新のカットにして新しい商品として売っているのです。昔の日本と同じで、今は新興国のお金持ちの中で新しくカットされた宝石が飛ぶように売れています。新興国の経済成長率は日本と比べると何倍もあるので、急激にお金持ちが増えていて、ブランド物や高級車も売れていますが、最後に残る贅沢品は宝石です。どこの国の男性も女性には弱いようなので、数億や数十億円の日本から渡った宝石が新しく生まれ変わって新興国のお金持ちの女性の腕や胸に光っています。

いま、そういう新興国でものすごく宝石や貴金属の需要があるので、宝石や貴金属を買取する質屋や貴金属店やそのサイトがものすごく繁盛しています。日本も二十数年前に通った道なので、今新興国がその道を通るのを商売にして儲けているのでしょう。まだまだこれから伸びるであろう新興国はあるので、宝石買取のような商売は無くならないでしょう。いやむしろ増えていくかもしれません。あなたの家に使わない宝石が眠っていたら、信頼出来るお店で買い取ってもらえばかなりのお金になりますので、特に思い入れがなければ売ってお金にしましょう。

貴金属ならなんでも売れるといえば着物についても、今はもう着なくなった古い着物を、着物買取サイトを利用してお金にしましょう。

What's New

2016/12/07
貴金属ならなんでも売れるって知ってた??を更新しました

2014/03/26
ご用心!を更新しました

2014/03/26
1つでも?を更新しました

2014/03/26
汚れ、壊れは買取金額が下がる?を更新しました

2014/03/26
どんな形でもいいの?を更新しました

2014/03/26
ジュエリーだけじゃないの?を更新しました

2014/03/26
貴金属ならなんでも売れるって知ってた??を更新しました

2014/03/26
ご用心!を更新しました

2014/03/26
1つでも?を更新しました

2014/03/26
汚れ、壊れは買取金額が下がる?を更新しました

Menu

reccomend

アンバー
アンバー
樹脂の化石を用いた樹脂光沢を示す宝石です。モース硬度は2-2.5と宝石の中でも特に軟らかいです。

アンモライト
アンモライト
アンモナイトの化石が元になっている宝石であり、オパールのような虹色の輝きを持ちます(遊色効果)。モース硬度4と軟らかい宝石です。

インディゴライト、ブルートルマリン
インディゴライト、ブルートルマリン
青色を示すトルマリンです。