貴金属ならなんでも売れるって知ってた??

ジュエリーはもちろん貴金属であればなんでも売れるのです!

ジュエリーだけじゃないの?

宝石買取は貴金属だけでもいいんです。

宝石買取という場合、思い浮かべるのはダイヤモンドなどのジュエリーでしょう。立て爪の指輪や石の付いたネックレス、イヤリングやピアスなど、ジュエリーといってもさまざまですが、アクセサリーとしてのジュエリーは、宝石すなわち石がついたものがほとんどです。このため、宝石買取というとジュエリーだけじゃないの?と思いがちですが、実はそんなことはありません。今高騰が騒がれている金も買取してくれるところがほとんどです。もちろんプラチナや銀製品なども含まれています。基本的には貴金属ならなんでも買取してもらえます。ですので、単なる金や銀、プラチナの指輪なども大丈夫です。

もちろん、通常の宝石と違って貴金属の場合、グラム換算されますのでほんの少量の場合はあまりお金にならないかもしれません。ただ、アクセサリーはいくつももっているものですし、自分では気づいていないかもしれませんが、まとめてみるとそれなりの量があるものです。石がついていなくても、古いデザインものでもよく、またピアスやイアリングは片方でもOKだったりします。買取査定や出張買取も無料のところが多く、使わないアクセサリーが数店あるときはためしに査定してもらうとよいでしょう。今ではネットで簡単査定もできますし、自宅にいながらいらないアクセサリーの処分が可能です。貴金属の場合、使わないと酸化などでくすんできたりもしますし、ねかせておいてもますます使わないといった悪循環です。まとめて買取してもらって、それを元手にまた新しい、気に入ったものを手に入れることができます。

自分にとっては不要なものでも、思いのほか評価の良いものだったり売れる基準は素人では簡単に判断できません。ですので、無料査定を試してみることをおすすめします。実際に査定してもらうのが一番ですが、ネットで入力フォームにいくつか入力するだけで簡単に査定額がわかるのは魅力です。また、ダイヤモンド専門を謳っているところはやはりいい値段で取引できますし、貴金属の買取を前面に出しているところはやはり同様に貴金属を売るときに有利です。もしいくつか、数種類のアクセサリーを処分することを考えているなら、いくつかの業者で査定を頼むとよいでしょう。自分ではそれほど大したものもないと思っていても、かき集めるとかなりの数になることも多いです。思った以上に高値で売れることも多いので、満足のいく査定をしてもらって高値で売り、また新しいお気に入りの品を買うとよいです。

Menu

reccomend

アンバー
アンバー
樹脂の化石を用いた樹脂光沢を示す宝石です。モース硬度は2-2.5と宝石の中でも特に軟らかいです。

アンモライト
アンモライト
アンモナイトの化石が元になっている宝石であり、オパールのような虹色の輝きを持ちます(遊色効果)。モース硬度4と軟らかい宝石です。

インディゴライト、ブルートルマリン
インディゴライト、ブルートルマリン
青色を示すトルマリンです。